当店には江戸時代末期に建造された土蔵が併設されております。以前は檜山商事が使用しており、そのさらに昔は呉服の反物が収納されていたと聞いています。

当店の前面道路である「いにしえ街道」の拡幅整備の際に土壁・漆喰塗りをそのまま残して曳家修復され、大変良好な状態で保存されています。

土蔵の他にも昭和初期から使われていたタンスや振り子時計、菓子木型など歴史を感じられる道具と一緒にお客様をお迎えしています。

また、いにしえ街道には当店横の姥神大神宮をはじめ、国や北海道の文化財、土蔵、古民家が建ち並んでおり歴史が感じられる場所となっていますので、散策を兼ねて是非ご来店ください。